解説!1日5分ビジネス英語
2021/04/01

ゴールドマンサックスは「非人道的な職場」か Goldman Sachs an "inhumane workplace"?

今回の記事は「ゴールドマンサックスは「非人道的な職場」か」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

音声

今回の記事の音声です。まずは音声を聴いてみて下さい。

本日のSentence


One such case has recently come to the fore.


最近、そのようなケースの1つが浮き彫りになった。


ボキャブラリー

  • target : [noun] 目標。なそうとしている、または達成しようとしている何か
  • inhumane : [adj] 署名。個人の手書きまたは署名
  • leak : [verb] リークする、漏れる、を流す。秘密情報を情報源に明らかにすること
  • abuse : [noun] 悪用する。人に対する残酷な暴力的な扱い
  • fore : [noun] 前面、前方、目立つ場所。目立つ位置に向かうこと

日本語訳

特定の目標を達成することが期待されているため、企業の従業員になることは簡単な仕事ではない。多くの企業が従業員のワークライフバランスを促進する必要性を理解しているが、それでも従業員を幸せに保つのに苦労している企業も存在する。最近、そのようなケースの1つが浮き彫りになった。

投資会社ゴールドマンサックスのジュニアバンカーは、彼らの「非人道的な」労働条件、100時間の週間労働時間、そして精神的健康の悪化をもたらす同僚からの「虐待」について質問した。フィードバックは2月に実施された内部調査に記録されており、後にソーシャルメディアにリークされた。

2015年、ゴールドマンサックスの22歳のジュニアアナリストは、極度の仕事のプレッシャーに対処できず、自分の命を断った。それ以来、事態は悪化しているようだ。

調査は選ばれた13人の従業員を対象に実施され、彼らは一晩に5時間しか眠らないことが明らかになった。彼らは、状況が改善しない場合、6か月以内に辞める意向を表明した。11ページの調査資料では、従業員は自分たちの労働条件を、米国に本拠を置く銀行のロンドン支店で働く新しいスタッフの生活についての人気テレビシリーズ「インダストリー」と比較しているようである。

SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額1,000円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは世界中の様々なニュース、メディアを元にスペシャリストにより作成されたオリジナルのニュース記事!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます