解説!1日5分ビジネス英語
2021/04/05

FacebookのVRリストバンド Facebook’s VR wristband

今回の記事は「FacebookのVRリストバンド」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

音声

今回の記事の音声です。まずは音声を聴いてみて下さい。

本日のSentence


They say that the user should be made aware of those factors before they invest in the new Facebook wristband.


彼らは、ユーザーが新しいフェイスブックリストバンドに投資する前に、これらの要素を知っておく必要があると言っている。


ボキャブラリー

  • upcoming : [adj] 来たる。すぐに起こる、または現れる
  • interface : [noun] インターフェース。ユーザーがコンピューターと話すためのデバイスまたはプログラム
  • interpret : [verb] 解釈する、と見なす。(何か)を特定の方法で理解するこ
  • real time : [noun] あるプロセスが起きる実際の時間。実時間、即時
  • offering : [noun] 提供物。供給物。

日本語訳

大手ソーシャルメディアのフェイスブックは、同社の今後の拡張現実(AR)メガネを制御および操作するために使用できる仮想現実(VR)リストバンドを発表した。そのリストバンドはFacebook Reality Labs(FRL)によって開発された。このデバイスの興味深い部分は、ユーザーが実際の生活でARベースのコンピューターインターフェイスと対話できることである。

リストバンドは、いくつかのセンサーの助けを借りて、ユーザーの手のジェスチャーなど、体の運動神経信号を検出して解釈する。デバイスを「クリック」するには、ユーザーは親指と人差し指を一緒にタッチする必要がある。フェイスブックは、リストバンドは「ユーザーの好きなもの、嫌いなもの、その他の興味をリアルタイムで予測する」ことができると述べている。1日を通してユーザーの活動を予測し、それに応じてデジタル支援を提供する機能がある。

ただし、ユーザープライバシーの専門家は、リストバンドが使用および保存するユーザーデータの種類について懸念を抱いている。彼らは、ユーザーが新しいフェイスブックリストバンドに投資する前に、これらの要素を知っておく必要があると言っている。

最近、FフェイスブックはAR/VRの面でその提供を拡大している。同社はアイウェアブランドのレイバンと提携してARメガネを作成した。また、話題の招待制アプリClubhouseや、子供向けのインスタグラムと同様のプラットフォームで動作している。

SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額1,000円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは世界中の様々なニュース、メディアを元にスペシャリストにより作成されたオリジナルのニュース記事!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます