解説!1日5分ビジネス英語
2021/07/20

LINEの台頭 The rise of LINE

今回の記事は「LINEの台頭」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

音声

今回の記事の音声です。まずは音声を聴いてみて下さい。

本日のSentence


LINE went public in 2016 in a dual US-Japan listing.


LINEは2016年に日米のデュアルリストで株式を公開した。


ボキャブラリー

  • seldom : [adv] 稀に。しばしばでなく
  • staple : [noun] 定番の商品。需要が安定していて良く売れている製品。
  • eye-catching : [adj] 目を引く。とても魅力的な
  • driver : [noun] 煽るもの、前進させる原因となるもの
  • illustration : [noun] 図。何かを明確または魅力的にするのに役立つ写真

日本語訳

WhatsAppのようなオンラインメッセージングサービスは広く人気があり、膨大なユーザーベースを持っている。利用者はメッセージ、ファイル、デジタルメディアを送受信できる。しかし、世界中で1億6500万人のユーザーがいる、日本のお気に入りのメッセンジャーアプリについて語られることはめったになく、「スーパーアプリ」として知られている。
注)そのモバイルメッセンジャーアプリの月間アクティブユーザー数は昨年、日本の国内市場で8400万人

WhatsApp(世界中で25億)よりもはるかに少ないユーザー数にもかかわらず、LINEのメッセージングサービスはインターネットの定番と見なすことができる。LINEは、2011年に東北地方太平洋沖地震と津波の際に、韓国のハイテク大手ネイバーの下で運用されている災害対応アプリとして始まった。

LINEブランドでは、LINE Pay、LINE Taxi、LINE Music、LINE Sales Promotionなど、コミュニケーションからビジネスまで、トップテクノロジー企業がまだ提供していないサービスが数多くある。

" 日本はまた、テキストメッセージを送信するときに使用される絵文字、小さな表情豊かな顔、その他の絵文字の作成を後押ししている。LINEのメッセージングサービスには、絵文字のかわいらしさを「ワンランク上の」ものにする、似たような目を引くステッカーキャラクター(スタンプのことですね)がいくつかある。これらのかわいいイラストは、ユーザーがそれらを有料で使用することを選択できるため、会社の主要な収益源でもある。アプリのユーザーは、投稿を行って愛する人とのつながりを保ち、ゲームをプレイし、同じアプリで写真を編集することもできる。これにより、単なるメッセージングアプリ以上のものになっている。 "

LINEは2016年に日米のデュアルリストで株式を公開した。

改めてLINEアプリについて

SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額1,000円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは世界中の様々なニュース、メディアを元にスペシャリストにより作成されたオリジナルのニュース記事!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます